RSS | ATOM | SEARCH
動物園でホワイトタイガーに襲われ?飼育員死亡

JUGEMテーマ:ペット

 

 

 

 

 

同動物園によると、園ではホワイトタイガー4頭を飼育しており、このうちの1頭が古庄さんを襲ったとみられる。園を設置した鹿児島市によると、2011年に民間会社からホワイトタイガーを園に贈られたのを機に飼育を始めたという。

 

ホワイトタイガーはインドなどに生息するベンガルトラの白変種で、1950年代に初めて見つかったとされる。国内でも各地の動物園が飼育しているが、近親交配の結果、関節の形成不全といった障害がある個体が生まれたり、一般的なトラより短命だったりすることが少なくない。

 

 

 

 

「(事故当時)現場にはほかにだれもおらず、何があったのか想像できない。優秀な職員だったので非常に残念だ」と語った。

 ホワイトタイガーの飼育のやり方について「猛獣の世話は、飼育者と動物が同じ部屋に入らないという前提でやっている」と説明したうえで、「今回はそれができていなかった」と話した。

 

 

 

☆ ☆ ☆

 

 

 

 

 



8日、飼育員の男性がホワイトタイガーにかまれて死亡した鹿児島市の平川動物公園。

「(昨日は)起きて歩いていました、ずっと。子どもたちが見ていなくてよかったと一番思った」(8日にホワイトタイガーを見た客)

なぜ事故は起きてしまったのでしょうか。園側は9日、会見を行いました。

「現場を見ている人も誰もおりませんし、今のところ(原因は)『わかりません』としか言いようがない」(平川動物公園園長)

平川動物公園でホワイトタイガーの飼育が始まったのは、2011年のこと。珍しい白い体で、たちまち園の人気者になりました。

「かわいいのは当たり前だけど、迫力も感じました」(客)

愛らしい姿を見せてくれるホワイトタイガーですが、猛獣であることに変わりはありません。

 

 

 

 

 

もしかしたら、ホワイトタイガーのリクが襲ったのではないのかもしれませんよね?

誰も現場にいなかったし、見ている人もいなかったのですから…。

 

 

動物達は、声を上げることができません。

 

飼育員のケガや死亡は、珍しいことではありません。

毎年、ニュースになっています。

 

飼うこと自体、問題があるのです。

それを見世物にするからこそ、さらに問題を増やすのです。

 

「子どもが見ていなかったからよかった」なんて済む問題じゃありません。

そもそも、人が一人亡くなっているのです!

 

 

 

娯楽施設としての動物園って、いらないですよね?

作ってはいけないもの、ですよね。

 

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しあわせな動物園 [ 井上夕香 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/10/11時点)

 

 

 

author:ももりっこ, category:動物園, 10:07
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 10:07