RSS | ATOM | SEARCH
昨日は、母の日でした。

JUGEMテーマ:家庭

 

 

 

人が食べている動物の数は、年に600億匹と言われています。

牛が3億匹。豚が14億匹。鶏が580億匹。

 

これだけの動物が殺され、それを平然と食べている人類。

その裏で、工場生産の効率の向上を極限まで追求される、動物たち。

 

過度の生殖と繁殖が要求され、生きた機械とみなされています。

そう、強制的に繁殖をさせられるということは、ムリやり妊娠をさせられ、子を産まされ、産んですぐに、赤ちゃんを奪われます。そしてまた、妊娠を強要される。それの繰り返しです。

 

そんな動物の苦しみを、考えたことがあるでしょうか。

 

 

動物の過剰生産は、雌の果てしない苦しみとつながっています。

 

どうか、動物製品を食べない、食べる量を減らすということを、一度考えてみてください。

 

 

 

【中古】アニマル・ファクトリー—飼育工場の動物たちの今 (1982年)

 

 

 

 

 

author:ももりっこ, category:工場畜産の現状, 14:19
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 14:19