VEGANバーガーの勢いが止まらない!

 

 

 

究極のVEGANサラダバーガー登場!

 

 

ベジタリアンアンブッチャー!

オランダ発、世界ではじめてのベジタリアンのお肉屋さん。

ヨーロッパ本土で2500店舗を展開する世界的なハンバーガーチェーン「バーガーキング」とコラボしてRebel Whopper® をヨーロッパ全土で発売しています。

 

ヨーロッパ全土のバーガーキングでは、「レーベルワッパー」を食べられる!

 

 

ベジタリアンブッチャーは、ユニリーバが買収したみたいですね。

英国やドイツなど18カ国で代替肉を販売しています。

 

日本では「ヴィーガン向け」というより「新しい種類の肉」として売るみたいです。

なぜなら、ヴィーガンなどへの関心が高くないからだそうで。

「食中毒のリスクが低い」「サラダ感覚で軽く食べられる」といった点をアピールしたいんだとか。

だから、「VEGANサラダバーガー」なんですね。

 

ヘルシー感やダイエットに良さそうとかで、気軽に食べて欲しいっていうのはわかるんだけど。

動物たちを苦しめないっていう「利他的」な行為が日本でも広まるといいなって思います。

 

 

何はともあれ、将来的には、代替肉が当たり前な時代が、やって来ますね!

 

 

 

ももりっこ | ヴィーガン・ビーガン・VEGAN | 08:37

シュワちゃん、「肉食を止めれば、地球は救われる」発言が話題!

JUGEMテーマ:食生活

 

 

 

「肉食を止めれば、地球は救われる。」シュワルツェネッガーの発言が話題を呼んでる・・・

 

https://tabi-labo.com/236242/arnold?fbclid=IwAR0141lyV3aZnDKCKvYa4QHDkkmr-Y9ocdatuPDMM7_JTVWRThJEA8_siVg

 

 

アクション俳優として、また元カリフォルニア州知事としての顔を持つアーノルド・シュワルツェネッガー。2015年12月、パリで開催された気候変動会議の場に招かれた彼は、インタビューで「肉食を止めれば、地球は救われる」と発言した、と海外各紙が報じています。

 

 

http://vegenews.com/

 

 

肉食は温暖化の原因!?
「地球のために肉食を止めよう」

 

くだんの発言は、「BBC」の環境問題解説員ロジャー・ハービンとのインタビューでの一幕。

 

「現在、毎年7万人の人々が地球温暖化による影響で命を落としています。この現状に、ただ手をこまねいている訳にはいきません。政府には人々を守るための責任があります。我々だって、行動を起こさなければなりません。温室効果ガスの28%は、畜産によるもの。私たちが肉を食べるために、牛や豚を飼育していることにも原因があるんです。もっと賢い対策が打てるはず。

 

今すぐベジタリアンになれと言ったって、すべての人が聞き入れてくれるわけじゃありません。だけど、週に1日、2日だったら賛同してくれる人も多いはずです。大きなチャレンジでしょう。でも、それをやっていかなければ。

 

幸いなことに、私たちはいろんな方法でタンパク源を摂取できることを知っています。野菜からも、タンパク質は摂れる。ベジタリアンだけど、健康的な生活を実践するボディビルダーの友だちだっています」

 

 

この発言を受けて、海外のメディアは一斉に、シュワルツェネッガー氏がベジタリアン推奨宣言をしたと鋭く報じました。

 

「『この星を救うために、パートタイム・ベジタリアンを始めよう』アーノルド・シュワルツェネッガー」(BBC)

 

「肉食を減らせば環境破壊を止められる、と主張するセレブにシュワルツェネッガーが仲間入り」(Fox News)

 

「肉食を減らせば地球は救われるとシュワルツェネッガーが語った」(AOL)

 

「『肉を食べるのは週に1食か2食に』シュワルツェネッガーが言及」(Meat Free Monday)

 

 

 

※犬と変わらない!

 

 

温室効果ガスの排出量

約3割は、畜産によるもの

 

国際連合食糧農業機構(FAO)によると、温室効果ガスの排出量のうち、人為的メタン排出の約3割近くが、畜産業に起因していると発表しています。特に牛の排泄物には、多くのメタンガスが含まれ、彼らから排出されるゲップ(一日に100〜200リットルと言われている)が問題だそう。牛のゲップには、CO2の21倍とも言われている強い温暖化効果があるだけに、深刻な問題と認識されています。

 

つまり、肉食(なかでも牛肉)を減らし、生産量全体が減ることで、一部ではあるものの温室効果ガスの排出を抑えられるということ。英レディング大学のEllie Highwoo気候物理学教授は、「野菜中心の食生活にすることで炭素排出量を大幅に削減できる」と菜食主義を提唱。多くの人から、温暖化の歯止めとして「肉食を控えるべき」との声が高まりつつあります。

 

 

 

 

 

 

 


みなさんの心にも、

LESS MEAT=LESS HEAT(肉を減らせば温度も下がる)

のメッセージが響きますように!!

 

 

 

ももりっこ | 工場畜産の現状 | 12:14

ヴィーガンヨーグルトの勢いが止まらない!

 

アメリカで人気のココナッツドリンクを販売する「Harmless Harvest」が、ココナッツから作られたヨーグルトを発売すると発表した。

同社はタイ産のココナッツ果肉を使用。タピオカサトウキビも混ぜ合わせ植物性乳酸菌で発酵させてヨーグルトを作るという。

 

近年注目のヴィーガン食品であり、さらに地球にも労働者にも優しいという同製品。同社のほかの商品と同じく、材料はすべてオーガニック、そしてフェアトレードであることにこだわっているそうだ。

 

 

 

この豆乳ヨーグルトをたまに食べます。

なめらかなおいしさって書いてあるけど、ほんとなめらか。

砂糖が入っていないプレーン味。

 

すっきり、あっさり食べられます!

 

 

 

ぜひ、乳製品を含まないヨーグルトを買ってみてね♪

 

 

 

 

ももりっこ | 牛乳・乳製品を買う前に | 06:26

2050年予想!肉不足の危機?大豆で代替。近未来カレーのレトルト

 

「2050年カレー」発売 肉不足の危機、大豆で代替

 

ヤマモリが発売する「2050年カレー」

 

食品メーカーのヤマモリ(三重県桑名市)は、人口増加で肉不足が深刻化する近未来を想定し開発したレトルトカレー「2050年カレー」を31日に発売する。大豆を加工した具材を肉に見立てて使用しているのが特徴。肉不足の危機に陥った世界を描くPR動画をユーチューブで公開しており、話題になりそうだ。

世界人口の動向について、国連は19年の77億人から50年には97億人に急増すると予測。食料危機が訪れ、肉などの動物性タンパク源が不足すると懸念されている。

ヤマモリは、肉の代替として注目される大豆の加工品を使って肉のような繊維感にこだわり、約2年かけ完成にこぎ着けた。

 

 

 

ヤマモリ株式会社は、 代替肉を使った次世代型の食事を体験できる「2050年カレー」3品を2020年1月31日(金)に新発売しました。

 

 

200124【新商品リリース】2050年カレー.pdf

 

 

■SDGs採択から注目を集める植物性代替肉


これまで植物性の代替肉は、お肉が食べられないヴィーガンやベジタリアン向けとして認知・受容されてきましたが、 近年、欧米では国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)の広がりから、飢餓の撲滅や資源保全の機運 が高まり、「持続可能な食材」として植物性の代替肉が注目を集めています。世界の代替肉市場は急拡大を続け ており、10年後には15兆円規模(食肉市場の一割程度)になるとまで言われています。
「2050年カレー」は、食という身近な消費行動の中で、SDGsという大きな取り組みに関心を持つきっかけとなる 商品として企画しました。持続可能な食料資源を使った「食糧危機を救う食材」「将来、主流になるかもしれない たんぱく源」として大豆を使った代替肉を位置づけており、レトルトカレーで次世代型の食事を体験することが出来ます。

 

 

 

肉はどこだ!?

 

 

 

■ターゲット・商品のこだわり

 

本シリーズのターゲットは、ミレニアル世代(1981~1996年生まれ)です。サステナブルなモノの消費やストーリー性のあるコトに関心を寄せるその層の知的好奇心をそそる商品として、食糧危機が訪れるであろう「2050年」を打ち出したシリーズ名に、レトルトカレーらしからぬ映画のポスターのようなパッケージ、突き抜けた辛みのある味わいに仕上げました。 使用している代替肉は、代替肉であると言われなければ分からない・気づかないクオリティを目指し、噛んだときの繊維 感やほぐれ感にこだわったものを使用しています。

 

 

食糧危機に関心の薄い日本!

 

 


■開発秘話


欧米に比べ、まだ日本では関心の薄い「食糧危機」に関心をもってもらう商品に仕立てるにはどうしたらよいか、という点には非常に悩みました。インパクトのある味づくりや目を引くパッケージづくりに納得いくまでこだわった結果、本品の構想から商品化までは、通常の5倍の約2年がかかりました。社長の「やるならとことん突き抜けたらいいじゃないか」の一言で、世界観のこだわりを貫いた商品に仕上がりました。

 

 

 

■商品PR動画


パッケージを近未来映画のポスターをイメージして作成したことから、 映画の予告編のような商品PR動画を作成し、YouTubeで公開 しています。

 

<YouTube ヤマモリ「2050年カレー」MOVIE >

 

来たるべき近未来、世界的な食糧危機が訪れる…

君の備えはできているか?

 

 

 

 

鶏肉のオイルやエキス、ゼラチンが入っていて、動物性不使用じゃないけれど。

代替肉が、身近になりますね!

みんな大好き、レトルトカレーでね。

 

 

 

ももりっこ | 食べ物 | 22:46

ホアキン・フェニックスの主演男優賞受賞スピーチが話題です!

JUGEMテーマ:映画

 

 

演技が僕とこの場にいる僕らの多くにもたらしてくれた最大の贈り物は、自分たちの声を声なきものたちの為に使う機会だと思っている。

 

 

ひとつの国、ひとつの人種がその他を支配して罪に問われないはずがない

 

最近、僕は我々皆が現在集合的に直面している悲惨な幾つかの問題について沢山考えてきた。そして、時々、僕たちは様々に異なる問題に対して取り組まざるを得ないような気になってしまう。だけど僕には、そこには共通しているものがあると思う。ジェンダーの不均衡、人種差別やクィア・ライツ、先住民の権利やアニマル・ライツ、それらはすべて不正義に対する戦いなんだ。僕たちはあるひとつの国(国民国家)、ひとつの国民(集団)、ひとつの人種、ひとつのジェンダー、もしくはひとつの種がその他を支配し、コントロールし、利用し、搾取することに対して罪に問われることは無いという思い込みと戦うことについて話しているんだ。

 

 

 

僕たちは自然から資源を強奪している

 

僕らは自然界との繋がりを絶たれてしまったように思う。そして僕らの殆どは、自分たちが宇宙の中心だと思い込む自己中心的な世界観を持つという罪を犯してしまっている。僕らは自然界の中に入り込み、その資源を強奪している。僕らは牛を人工的に交配させ、その牛が仔牛を産んだら、母牛が怒りのあまり泣き叫んでいるのは明らかなのにも拘わらず、当たり前の権利でもあるかのようにその仔牛を奪い去り、本来その仔牛のためにあるはずの母牛の乳を取り上げ、自分たちのコーヒーやシリアルに入れているんだ。

 

 

 

 

変化は何かを犠牲にすることだから

 

僕らは個人的な変化という概念を恐れているのだと思う。なぜならそれは自分たちが何かを犠牲にしたり、諦めることを考えさせるから。だけど人類は、最高の状態では非常に発明的であり、創造的であり、元から独創的なんだ。だから僕は愛と思いやりを僕らの原則として、これからすべての感情あるものと環境にとって利益があるように変えていくシステムを創造し、発展させ、実現させていくことができると思っている。

 

 

 

こんな僕にセカンドチャンスをくれて感謝しています

 

僕はこの人生でずっと、悪いやつだった。僕は自己中心的で、冷酷で、一緒に仕事するのが難しい人間だった。だから、こんな僕にセカンドチャンスをくれたここにいる多くの皆さんに感謝しています。僕たちは最高のときには、お互いを支え合うことができる。それは過去に犯した間違いを相殺する時ではなく、お互いの成長を助け、教え合い、お互いを救済へと導く時なんだ。それこそが人間性において最上である状態なんだ。

 

 

 

愛をもって他人を救え。その先に平和がある

 

僕が17の時、兄がこんな歌詞を書いた。「愛をもって救済へ向かえ。そうすれば平和がその後を追うだろう」と。ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

アカデミーという世界中から注目を浴びる場で、こうしたスピーチをサラッとしてしまうホアキン・フェニックス。

かれの勇気ある言動は、これからますます動物たちを救済し解放へと導くでしょう。そして地球平和へと続く道を、確かなものにしてくれるでしょう。

 

 

 

かれがナレーターをしたことでも有名な、この映画。

多くの人の心に届くと、いいな。

ドキュメンタリー映画です。

 

Earthlings Japanese Subtitle
 

DOMINION

 

 

 

 

ももりっこ | 映画 | 10:32

「とうふラテ」〜新感覚のとうふ飲料が話題!

 

【セブンイレブン】とうふラテ✩*॰¨̮きっとハマる方もいるはず!?ぜひ飲んでいただきたいスイーツ感覚の飲み物、ご紹介します!! https://more.hpplus.jp/morehapi/article/mikomiko/g-news/53854 @MORE_magazineさんから

 

 

豆乳飲料も、とうふっぽさをウリに!

ラテだから、濃厚な感じに仕上がっているんでしょうね!

 

牛乳の代わりに、豆乳にしましょ!

 

 

 

お豆腐から生まれた新感覚ラテ「TOFU latte」誕生!

 

 

送料込・とうふラテ モカ&ピュアセット 1ケース 8本入り(mocha 4本+100% pure tofu 4本)

 

※はちみつ入り

 

 

 

 

ヴィーガンでもハチミツOKにしてる人もいるらしいから。

でも、牛乳を飲むよりはね!

 

 

 

 

ももりっこ | 飲みもの | 06:58

ココアクッキー!キャロブも混ぜましょう♪

 

ココアクッキーが、焼けました♪

キャロブも混ぜて。ヘルシー感を出しました。

 

ヴィーガンクッキー、作ってる人の見て美味しそうだったから。

作ってみたら、やっぱりおいしかった❣

 

植物性クッキーっていいわぁ。

バターや卵使ったものって、材料が限定されてて楽しみが少ないような気がする。

パンでもそう。

 

アーモンドプードルやココナッツオイルで十分。

こんなクッキーや焼き菓子、もっと早く世に出てたらって思うな。

でも、これからはますますね、

レベルアップしたヴィーガンお菓子が、出てくるわね♪😉

 

 

 

ももりっこ | どうぶつ | 22:54

ついに!ハンバーガーはこう変わる!

 

これからの時代、ハンバーガーはこう変わっていくのね…!

 

 

 

 

 

植物肉の普及に力を入れる!

 

海外ではビヨンド・ミート(Beyond Meat)やインポッシブル・フーズ(Impossible Foods)などの代替肉を開発し提供するスタートアップが話題だ。マクドナルドはビヨンド・ミート社製の代替肉を使用したハンバーガーをカナダでトライアルとして提供しており、ここ日本でも、日本ハムが「NatuMeat(ナチュミート)」のブランド名で3月にも代替肉市場に参入することや、イトーヨーカドー横浜別所店で、2019年10月に「大豆ミート」の専用売り場を設けたことが報じられている

 

そんな中、日本発の代替肉スタートアップDAIZは1月29日、冷凍食品大手のニチレイフーズと資本業務提携を締結したことを発表した。出資金額は5000万円。DAIZの植物肉原料と、ニチレイフーズの商品開発力、販売力を掛け合わせ、日本の植物肉市場の拡大を目指す。

DAIZは2015年設立のスタートアップで、大豆由来の植物肉原料の開発、製造、そして植物肉原料を用いた食品の開発、製造および販売を行なっている。

 

DAIZいわく、味と食感に残る違和感、大豆特有の青臭さや油臭さ、肉に見劣りする機能性といった課題が残っていることが、本格的な普及の妨げになっていた。同社ではそのような課題を解決し、植物肉の普及を目指す。

 

今回の資本業務提携では、「植物肉の商品ラインナップの拡大、ひいては『第4の肉として植物肉を食す』という食文化の浸透」を目指す。そして、「植物肉の供給量を増大させるため、生産体制確立として設備投資を実行する」予定だ。

 

 

いよいよ、日本も!

世界の流れには逆らえないということ、ね♪

 

 

 

 

ももりっこ | 食べ物 | 12:22

化学調味料を一切使っていない、魅惑のポップコーン!

 

きいて、きいて!

ココナッツキャラメルポップコーン買いました!

 

キャラメルといえば、牛の乳であるバターなど乳製品使ったものが多いよね〜。

でもこれは、有機エキストラバージンココナッツオイルを使って、シンプルなレシピで作られたポップコーンです。

 

とうもろこし、きび糖、有機ココナッツオイル、有機ココナッツシュガー、塩。

 

 

 

味もシンプル。そして美味しい!

手作りのため弾けていないコーンも混じっているので、歯を傷めないようにしなくちゃいけない。

そこだけ、要注意です。

 

 

 

キャラメルポップコーン 70g

 

 

ももりっこ | おやつ | 09:06

クイーンのブライアン・メイさん、地球はダメージを受けている

 

 

ブライアン・メイさんが、動物愛護の活動に力を入れているって!

知りました♪嬉しいな!

 

ブライアン・メイさんからのメッセージ

 

地球は非常に大きなダメージを受けていて、今こそ行動を変えるべきです。この星と、この星にいる生き物全てについて、考え直す時期が来ていると思います。

 

 

素敵だな❤

 

 

ブライアン・メイ、地球温暖化対策を呼び掛けるコンサートを熱望。

 

 

英政府が推し進めたアナグマの間引きに反対し、代替手段について話し合うためマイケル・ゴーヴ環境大臣と会見したこともある動物愛護家のブライアンは、以前こう語っている。

 

「アナグマ処分を止めさせるため、僕たちは政府と闘っているよ」「政府は今年中に1万匹を処分する計画だ。そんなことをしても農家の人の助けにはならない。酷い悲劇さ。アナグマを殺せば、結核の問題が解決するという考えに政府がしがみついているなんて信じられないよ」

 

「アナグマは、煙幕にしか過ぎないんだ。政府は、キツネ狩りを復帰させる可能性があると僕たちは常に心に留めているよ。(当時の首相)デイヴィッド・キャメロンは、動物は金儲けの邪魔になるものと考えているようだ。いつも通り僕の賛同者は少ないかもしれない。でもこの国は、まだまだなんだ」

 

 

動物愛護家、ブライアン〜💕

行動力が、言動が、ステキです✨🤩

 

 

 

ももりっこ | 環境 | 16:31
1/31PAGES | >> |

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
--
>>
<<
--
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
OTHERS
PR
SHOPPING
VIDEO
LATEST ENTRY
CATEGORY
LINKS
ARCHIVE
PROFILE
SEARCH